大阪の倉庫で軽作業をしました

作業の楽しさと居心地の良さ

ちょっと人見知りなところがあり、コツコツと地道な努力を積み重ねることが大好きな私にとって、軽作業はとてもありがたいお仕事です。
最初は学生時代に友達と連れ立って軽作業のバイトに応募したのですが、作業の楽しさと居心地の良さからこれまで何度も経験してきています。
友達が他のアルバイトを始めてしまった跡も、私だけでは軽作業のアルバイトを続けていました。
一番最新の軽作業は大阪の倉庫での仕事です。
ピッキングや検品、仕分け、梱包などの、軽作業には多種多様な仕事が存在します。
個人的に一番楽しいと感じるのはピッキングでしょうか。
指示書を見ながら倉庫の中を歩き回り、名前の載っている商品を一つずつピックアップしていきます。
ピックアップを間違えるとお客さんに迷惑がかかってしまいますから、指示書は流し読みではなくしっかり目を通す必要があります。
かといってあまりじっくり読みすぎても作業スピードが上がらず商品の発送ができないわけで、バランスの取り方が難しいと思います。
中には重いものもありますが、基本的には軽いものが中心なので女性でも作業しやすいのではないでしょうか。
私は小柄で力がないほうですが、ピッキングの作業ではあまり疲れることなく最後まで続けることができました。
検品の担当者が出勤できなくなり、急に代わりを頼まれたこともあります。
当時はピッキングばかりで検品をやったことがなかったので不安でしたが、こちらも手順に慣れれば次から次へと作業をクリアできるのが快感でした。
商品の間違いなどを発見する検品はとても大切なもので、集中して行う必要があります。
私が担当した検品は手元の端末と商品の数を照らし合わせながら行うもので、視線を交互に動かすためにずいぶんと目が疲れたことを覚えています。
しかしこちらもピッキングと同じく体力は不要なところは良いところでしょう。
体力よりも集中力がある人におすすめです。

作業の楽しさと居心地の良さ | 職場から繋がった縁を大切にしたい | 自分の個性を活かして活躍できるとても良い仕事